INTERVIEW

常に最新の技術を追いかけてキャッチアップし続けて、制作に落とし込みたい

広告事業 中央OP
制作チーム コーダー

山下慶士

2020年度中途入社

—現在従事している業務

広告事業部に所属しております。主な業務としてはディレクション業務とコーディング業務の2つを担当しています。
ディレクション業務では、お客様に作りたいサイトのヒアリングをして企画や提案をしたり、案件の進捗管理をしたり、デザイナーさんとコーダーさんのアサインや作業指示などの業務をしています。社内業務をいくつか担当していて、BWORKSのイントラネットという社内ポータルサイトの開発の担当もしております。

—入社の経緯

前職が電気電子系の品質管理業務をしている会社で働いていたんですけど、働いていく中で、そもそもWEB業界に興味があって、今後の自分のキャリアを考えたときに、WEB業界の方が何か先が見えると感じたところが転職のきっかけでした。前職の業務品質管理業務がお客さんとの距離がすごく遠くてやりがいを感じないというか。全然なくて何のために働いているのかなっていうところを感じたりするとかあったので、直接お客さんとかかわれる仕事に就きたいなっていうところで、退職してWEB制作の勉強っていうのが6ヶ月ずっと家で引きこもってやって、その後BWORKSの面接を受けたら、自分の技術スキルというよりか、やりたいことのために勉強したっていうところの意欲を買ってもらえたっていうところで、入社に至りました。入社の決め手として、自分の裁量で持って仕事できることが多いなと感じました。自分が入社したときに、ちょうど広告事業部を大きくしようとしていたタイミングでより多くの案件に自分が主体的に関われるっていうところと作業マニュアルもなくて、自分で考えて働けるところで、
それまでに独学期間とかで身につけた、主体的に勉強するような自走力みたいなところが生かせるのかなと思ったのが決め手になりました。

—BWORKSの社風

BWORKSとは一言でいうと、人を成長させる会社なのかなと思います。自分は最初コーダーとして入ったんですけども、現在ディレクターとして働くなんて全然思ってなかったです。また案件の幅でいったら、WEB制作だけなのかなって思ってたら、それ以外にもとある企業のシステムの改修、ウェブサイトだけじゃなくアプリとかウェブサービス開発の仕事を任せてもらえたり、イントラネットの開発まで携わるとは思っていませんでした。そういった方向に分野の案件を任せてもらえて、そこで自分がそれまでWEB制作だけでは学ぶことのなかったスキルを学び、成長する機会をたくさんいただけているなという風に思います。常に最新の技術を追いかけてキャッチアップし続けて、制作に落とし込められたらいいなと思っています。

—今後の展望

今まででいうと、WordPressというちょっと業界的には古いのかなっていうツールで制作をしていたんですけどもでも、今はECサイトだったらShopifyっていうツールだったりとか、それ以外のサイトだったらJamstackっていう作り方があるんですけど、それを取り入れてみようかみたいな話が出てきたりとか、何か最新の技術を常に取り入れて自分が広告事業を引っ張っていくような気概で、いろんな新しいことにチャレンジできたらなと思います。

—仕事のモットー

大切にしてることは自分が関わる人に対して嬉しいことをしようという風にずっと思っています。例えば高速でレスポンスをする、マメな連絡をする、分かりやすい文書を書くなど、すごい細かいところなんですけれども、そういうのを徹底的に心がけてコミュニケーションを取るようにしています。