INTERVIEW

普通の会社ではあり得ないぐらいやる気がありますよね

通信事業 北海道OP

篠原裕太

2019年度中途入社

—現在従事している業務

現在、携帯キャリアの販売業務をやっておりまして、主に家電量販店にて業務をしています。

—入社の経緯

前職は車の整備士をしておりまして、今まで自分が経験なかった営業というものをやりたいと思い、営業職があるということでBWORKSを知ったのが最初でした。
今までいたところは大手の車の整備をする会社だったんですけど、全体の会議というのは参加は何回かしたことはあるんですけど、数字だったりとか、こういう風にしていきたいんだという話がありましたが、何か入ってこなかったというかっていう部分があって、自分は関係ないかなという風に思っていたんですよね。
入社前にBWORKSの初めてのミーティング参加させてもらった時に何か自分でも想像ができて何かすごいなと思って、そこに関わっていきたいなと思い入社に至りました。

—入社後の変化

前までは自分が良ければいいかなみたいな。
仕事に対して真剣味が浅かったんじゃないかなという風に思っていて、今、通信事業部のチームのリーダーをやらせてもらっているんですけど、もっと会社と関わっていきたいなとかチームのメンバーが困っていることないかなっていう風にもっと考えるようになりましたね。
それが原因かは分からないんですけど、奥さんから「人の話を聞くようになったね」という風に言われて、全く実感はないんですけど、人から言われるってことは、やっぱり変わったんだなという風に感じていますね。

—社内プロジェクトについて

メイン業務とは別でプロジェクトの方に参加させてもらっていて、健康経営に参加させてもらっています。
プロジェクトの良さでいくと去年の話になるんですけど、健康経営の方に禁煙外来の企画っていうのをさせてもらったんですよ。
企画は通信の現場だけだと、どうしてもできないと思うんです。企画なんて僕も考えたこともなかったし、やろうと思っていなかったんですけど、通信の現場ではできないことを経験する場だと思っています。

—BWORKSで働く人

普通の会社ではあり得ないぐらいやる気がありますよね。
僕が今までいた会社は何となくやって何となく帰って、それで給与をもらってみたいな感じなんですけど、それがなくてみんなこんなことやりたいですとかやる気が溢れてるというか。
新卒の方達がやる気があるのは、それはどこでも一緒かなとは思うんですよね。
「この会社で働くって決めたから頑張ろう」みたいな感じで。でもだんだんそれが無くなっていって、薄れていって何となくみたいになるんですけどそれを全く感じませんね。

—BWORKSの社風

個人を尊重してくれる会社かなと思いますね。
チームとして見るとか部署として見るというのはよくあると思うんですけど、一人ひとり個人をちゃんと気にしてくれてるんだなっていうのが分かる会社だと思いますね。
よく社内でマネジメントは1対1をたくさんやるって言っていて、それを僕が多分一番を受けているんだと思うんです。あとは事業部越えて個人として見るっていうのが浸透しているからそうなるのかなと思いますね。