INTERVIEW

色んなことに取り組もうって旗を立てて、そこにしっかりと向かっていけるような人に。

中央OP 仙台営業所 所長

上原侑生

2017年度中途入社

—現在従事している業務

仙台営業所と東京営業所の管理と、通信事業部の営業窓口として仕事をしております。
採用担当チームに関わらせていただいており、新卒の方たちの採用活動を行っております。

—入社の経緯

元々、通信事業部のアルバイトに従事していたのですが、社長から「良かったら社員にならないか」とお声をいただきました。BWORKSで働いて何か自分の成長になることがあるんじゃないかなっていうところから入社を決めまして、そこからスタートしたっていうところですかね。 アルバイトしていく中で、社員の方達と関わりを持っていくのと、社長とより近くで関わらせていただいて、自分に持ってないものを皆さんが持っていてすごくキラキラしていたし、私もこの会社で何かこう輝ける場所や、自分が歳を取っていく中で何か成長に繋げられるようなきっかけにもなるんじゃないかな。という風に思うようになり入社を決めました。

—仕事のモットー

与えられた仕事を熟すだけではなく、自分が行動したことが誰かのために、会社のためになるなら、全力を注ごうというような考えを持っていたので、「必ず誰かが喜んでもらえるような働き方をする」というのが、私の中でずっと心にあったことですかね。

—BWORKSに合う人

将来やりたいことは明確ではないけど、自分自身の成長ができるきっかけを求めている方や、何か一つ強みになるところを伸ばしていきたいと考えている方がいらっしゃったら、弊社でも活躍していただけるんじゃないかなって思ってます。あとは、どんなことでも前向きに取り組める方と一緒に働いていきたいなって思ってます。

—やりたいことを見つけるまで

元々札幌で調理師の仕事をしていて、その後入社をしたんですけど、最初は仕事を任せてもらえるように、先輩たちみたいな仕事ができるようになってなりたいなと思って、一生懸命に仕事していました。
そこから仙台に移ったのが、自分の中で大きく変わったなという風に思っていて、最初はやりたいことはとりあえず、二の次だって考えてたんですよね。
何か私の中でのやりたいこと事って何だろうと、改めて考えた時に、この会社の為に私がきっかけとなって成長していくのであれば、成長を体現できるような人になりたいなという風に思ったんですよね。
私も社長みたいな大きな考え方を持って、色んなことに取り組もうって旗を立てて、そこにしっかりと向かっていけるような会社を守る立場になっていけたらなっていう風に、仙台に来てから考えるようになりました。仙台も4年目になって、東京にも進出して、東京でも働きたいって夢があったので、それも少しずつ実現していっていて、自分が取り組んできた部分が少しずつやりたいことに繋がってきてるのかなという風に思ってます。

—やりたいことの見つけ方

私は前職に就いてからも、今に至るまでも「将来のやりたいことって何だろう?」ってことをずっと考えてきました。そんなことを考えている中でも、自分が知らないことや新しい経験をしていく中で気付いていくことがあるので、大事なの沢山の経験を積み重ねることなんじゃないかなってことに気づきました。経験をしていくと自分が話す内容とか仕事内容とかも積み重ねていくうちに変化してくると思うので、前向きに好きなことも嫌いな事もチャレンジしていくと、きっといつか自分で「やりたいことってこういうことかも」っていう風に気付いていくようになるんじゃないかなって思います。